児童期

  1. 児童期におけるタンパク質の役割とは?

    丈夫な歯を作るのに欠かせない栄養素には、たんぱく質・ビタミンA・ビタミンC・ビタミンD・カルシウム・リン・フッ素があります。特に児童期の子供には、これらの栄養素…

  2. 児童期におけるビタミンAの役割とは?

    幼い児童期にとってビタミンAの役割はとても大きいです。ビタミンAは脂溶性ビタミンで、皮膚や粘膜を正常に保つ重要な働きがあります。視覚を正常にしたり、成長する…

  3. 児童期におけるビタミンCの役割とは?

    ビタミンCは欠かすことができない栄養素のひとつですが、児童期では特に必要不可欠です。何故ならビタミンCは、傷の治癒などに必要となるたんぱく質であるコラ-ゲン…

  4. 児童期におけるビタミンDの役割とは?

    児童期の成長には様々な栄養が必要ですが、その大事な栄養のひとつがビタミンDです。ビタミンDを摂取することによってカルシウム吸収し、児童期の歯や骨の形成をする…

  5. 児童期におけるカルシウムの役割とは?

    児童期におけるカルシウムの役割は、大きく分けて2種類あります。一つは歯を形成することで、5歳くらいから徐々に歯が抜け始め10歳ぐらいにはすべての歯が抜け新し…

特集記事

  1. 幼年期

    幼年期で歯に良い食べ物は?
  2. 壮年期

    壮年期は何歳まで?
  3. 幼年期

    幼年期の永久歯の萌出期に気を付けたいこととは?
  4. 老年期

    老年期は何歳まで?
  5. 青年期

    青年期は何歳まで?
PAGE TOP