老年期

老年期で歯に悪い生活習慣は?

老年期で歯に悪い生活習慣は、食事の後にはを磨かない、デンタルフロスでケアしないといったものがありますが、硬いものを食べすぎるのも良くありません。

老年期になると人工の歯を入れている人が多くなりますが、例えばプラスチック製のかぶせものをしていると、かたいものを頻繁に食べると歯がかける原因になります。

かぶせものがかけるのではなく、神経を抜いた歯が欠けてしまうと治療が困難になります。柔らかすぎるものばかり食べているのも良くありませんが、せんべいやナッツ類など硬過ぎるものを常食するのも良くありません。

又、入れ歯のケアは医師の指示に従って行い清潔を保つようにしましょう。不潔にしていると症状を悪化させます。

特集記事

関連リンク

  • 耕運機買取

    使わなくなった耕運機の処分にお困りなら、農機具でっくに相談してみましょう!自社でメンテナンス・清掃して中古として販売しているので、高額で買い取ってくれるはずです。タイヤのパンクやエンジンの不調があっても相談してみて下さいね。

    noukigu-kaitori.jp/

  1. 壮年期

    壮年期で歯に悪い食べ物は?
  2. 幼年期

    幼年期におけるビタミンCの役割とは?
  3. 老年期

    老年期における歯のケアは?
  4. 幼年期

    幼年期における健康的な歯の作り方は?
  5. 青年期

    青年期で歯に良いおやつは?
PAGE TOP