児童期

児童期におけるタンパク質の役割とは?

丈夫な歯を作るのに欠かせない栄養素には、たんぱく質・ビタミンA・ビタミンC・ビタミンD・カルシウム・リン・フッ素があります。特に児童期の子供には、これらの栄養素をバランスよく摂取することが大切です。

その中でもたんぱく質は最も重要な役割を担う栄養素で、筋肉・皮膚・骨・歯・臓器・毛髪・血液等を生成する材料となりますし、ホルモンや免疫機能を司る物質の原料ともなります。つまり、児童期の子供には多くのたんぱく質が必要となるわけです。

また、食品から摂取したたんぱく質は、体内でアミノ酸に分解されて吸収されていきます。アミノ酸には20種類以上もの種類があって、その内の8種類は人が体内で生成することができない「必須アミノ酸」と呼ばれています。特に児童期の子供の場合、ヒスチジンやアルギニン等のアミノ酸は体内で合成することができない為、食物から摂取する必要があるのです。

このようなことから児童期の子供には、たんぱく質は成長に欠かせない重要な役割を担う栄養素であると言えます。

特集記事

関連リンク

  • 東京 幼稚園

    東京で幼稚園をお探しでしたらぜひ一度当サイトまでお越しください!東京には数多くの幼稚園があります。そのなかで私たちが長くこどもたちと接することができたのはなぜでしょうか。時代が変わっても変わらないものがある。それをお子様にお伝えします。

    www.mizuho-kids.com/

  1. 壮年期

    壮年期で歯に悪いおやつは?
  2. 壮年期

    壮年期で歯並びを整えるコツとは?
  3. 児童期

    児童期でなりやすい歯の病気とは?
  4. 幼年期

    幼年期でお母さんがすべきこととは?
  5. 幼年期

    幼年期の永久歯の萌出期に気を付けたいこととは?
PAGE TOP