児童期

児童期で行う歯のケアは?

小学生という児童期というのは、乳歯から永久歯へと生え変わる時期です。お口の中の環境が激変する時期なので、虫歯などのトラブルも起こりやすいという特徴があります。

ですから、この時期にはしっかりを歯を磨くというケアを定着させる必要があります。児童期に多くの子供は大人の口の状態と変わらなくなりますが、奥までブラシが届きません。

右利きの子供は自分が磨きやすい左ばかりを磨くという癖があるケースも多く、一人できれいにする習慣をつける時期です。デンタルフロスを児童期の子供が一人で行うのは難しいので、ブラシは自分自身でしっかりと行います。

仕上げにデンタルフロスを親が行うなど、まだ大人のサポートが必要であることが分かります。

特集記事

関連リンク

  • フリーキラZ

    ノロウイルスやインフルエンザなど、乾燥する季節に蔓延しがちな菌。ご家庭でのウイルス対策に、〈フリーキラZ〉を始めませんか?製薬会社が作った除菌消臭水。詳しくはこちらからご覧下さい。

    www.freekira-shop.com/

  1. 老年期

    老年期のときに気を付けたいこととは?
  2. 青年期

    青年期のときに気を付けたいこととは?
  3. 児童期

    児童期で歯に良い飲み物は?
  4. 児童期

    児童期で両親がすべきこととは?
  5. 児童期

    児童期で歯に良い生活習慣は?
PAGE TOP