児童期

  1. 児童期は何歳まで?

    児童期は、生後6年から12年までのことで、小学校時代のことを指しています。歯は生え変わる時期にあたりますから、丁寧なケアが必要になります。歯が生える時期…

  2. 児童期で行う歯のケアは?

    小学生という児童期というのは、乳歯から永久歯へと生え変わる時期です。お口の中の環境が激変する時期なので、虫歯などのトラブルも起こりやすいという特徴があります。…

  3. 児童期のときに気を付けたいこととは?

    児童期には親御さんが子供の歯の健康について考えることも大事ですが、子供に対して歯を大切にしていくという意識をもたせることは更に重要なことになります。その時に…

  4. 児童期で歯の病気にかかりやすい年齢とは?

    児童期の段階は、歯の健康に特に気をつけなければなりません。生え揃う段階で虫歯などの病気が発症すると、それ以降も常に痛みや違和感に悩まされ続けることになる可能性が…

  5. 児童期でなりやすい歯の病気とは?

    児童期でなりやすい歯の病気は、やはり虫歯です。食事をよく食べるようになるだけではなく、お菓子のおやつやジュースなども飲むようになるので虫歯になりやすくなります。…

特集記事

  1. 青年期

    青年期で歯に悪い飲み物は?
  2. 幼年期

    幼年期における健康的な歯の作り方は?
  3. 青年期

    青年期における歯のケアは?
  4. 児童期

    児童期におけるビタミンDの役割とは?
  5. 児童期

    児童期におけるビタミンCの役割とは?
PAGE TOP