児童期

児童期におけるカルシウムの役割とは?

児童期におけるカルシウムの役割は、大きく分けて2種類あります。

一つは歯を形成することで、5歳くらいから徐々に歯が抜け始め10歳ぐらいにはすべての歯が抜け新しい歯が出てきます。この時に、しっかりとカルシウムをとることで頑丈な歯を作り出すことが可能になるでしょう。

もう一つは、骨を作る時にカルシウムが非常に役立ちます。骨を作る場面とは、人間が成長する場面ですが児童の時期は身長が伸びていきますので、多くのカルシウムを必要とします。しっかりとした量をとっていれば、背丈もそれなりに伸びる可能性がありますが、もちろん様々な要因が重なって身長が決まることになるでしょう。

いずれにしても人間が成長していく大事な時期には、カルシウムは重要な成分の一つと言えます。

特集記事

関連リンク

  • 九州産黒毛和牛 お歳暮

    お歳暮での贈り物に大活躍してくれる「中津留」のお祝い肉☆お付き合いをこれからも続けていく中で、九州産黒毛和牛のお祝い肉で感謝の気持ちをお届け。細かくサシの入った霜降り牛は、見ただけで嬉しい気持ちになってもらえるはずです♪

    www.nakatsuru-shop.com/

  1. 青年期

    青年期における歯のケアは?
  2. 児童期

    児童期で歯に良い生活習慣は?
  3. 幼年期

    幼年期で歯に悪い飲み物は?
  4. 老年期

    老年期における歯周病ケアとは?
  5. 老年期

    老年期におけるタンパク質の役割とは?
PAGE TOP