児童期

児童期におけるビタミンDの役割とは?

児童期の成長には様々な栄養が必要ですが、その大事な栄養のひとつがビタミンDです。

ビタミンDを摂取することによってカルシウム吸収し、児童期の歯や骨の形成をすることができるだけではなく、筋肉の発達や免疫反応にも重要だと考えられます。特に重要なのが歯や骨にカルシウムを沈着する働きで、この働きによって丈夫な骨づくりにつながっていきます。

このビタミンはキノコ類などに含まれるものと、レバーや魚類、黄卵に含むものなどがあります。また、太陽の光をあることも重要ですが、太陽光を直に浴びるのではなく、窓から差し込む光や、ちょっと散歩に出掛ける程度でも十分に効果があります。

朝起きたら太陽光を浴び、バランスの良い食事をすることが、ビタミンDを働かせる方法です。

特集記事

関連リンク

  • 人材派遣

    人材を派遣いたします!企業の方々には今後とも御社にとって有効な人材活用のご提案を、仕事を探している方には、能力に見合ったご提案を。物流の明日を担う会社。エクスプレスエージェントです!

    www.ex-agent.co.jp/

  1. 老年期

    老年期で歯に良い食べ物は?
  2. 児童期

    児童期で歯に悪い生活習慣は?
  3. 児童期

    児童期における健康的な歯の作り方は?
  4. 老年期

    老年期のときに行う歯のケアとは?
  5. 青年期

    青年期における歯のケアは?
PAGE TOP