幼年期

幼年期で乳児のときに行う歯のケアは?

乳児の歯が生える時期はかなりの個人差があるといえるでしょう。一般的には生後6か月ほどの時に下の前歯が生えてくる子供が多く、そのころから離乳食を始める家庭が多いものです。

幼年期で乳児の時に行う歯のケアとしては、ブラシを使ってごしごしと磨くのではなく、ガーゼで優しく殴ってあげるだけで十分と言えます。

赤ちゃんはもともと唾液の量が多いので、生えはじめの話場になることはほとんどないでしょう。そのため湿らせたガーゼで歯の裏と表をやさしく拭いてあげるだけできれいになります。ガーゼで磨くことにより、歯ブラシで磨く際への移行がスムーズに行えます。

授乳後や離乳食の後、就寝前など1日に5回ほど磨いて、口の中を清潔に保ちましょう。

特集記事

関連リンク

  • 外壁塗装

    あなたのお家の外壁、ちゃんとメンテナンスしていますか?外壁塗装をしてメンテナンスをしないとせっかくの一生に一度の買い物の家が長持ちしません。外壁塗装をしっかりしてお家を長持ちさせましょう。外壁塗装のことなら優良工事店ネットワークで失敗しない外壁塗装を学びませんか?

    ykn.jp/

  1. 幼年期

    幼年期で乳児のときに行う歯のケアは?
  2. 青年期

    青年期で歯に悪い生活習慣は?
  3. 児童期

    児童期における健康的な歯の作り方は?
  4. 老年期

    老年期でなりやすい歯の病気は?
  5. 老年期

    老年期における歯周病ケアとは?
PAGE TOP