壮年期

壮年期における歯周病ケアとは?

壮年期は加齢と共に歯茎が弱り唾液が減少して粘りも出て来るため、口内環境の悪化から歯周病にかかるリスクが最も高まる時期と言えます。

歯周病は不十分なケアによって歯の根元に残ったプラークに増殖する細菌が起こす炎症によって悪化が進行して行くことから、壮年期のケアは食後の丁寧なブラッシングやデンタルフロスを使った日々のプラークコントロールがカギになります。

とは言え壮年期はプラークが溜まりやすい歯周ポケットが既に深くなっているケースも少なくなく、セルフケアでは限界があることから定期的にクリニックで検査を受けて、プロの手によるクリーニングでプラークを除去してもらうほうが安心です。

甘い食べ物や間食を控えるなど食生活の改善も、プラークコントロールを続ける上で重視されています。

特集記事

関連リンク

  • インビザライン歯列矯正

    インビザライン歯列矯正のクリニックをお探しならインビザライン専門のインビザドットコム。インビザドットコムはインビザラインを提供しているクリニックの情報とインビザライン歯列矯正のコラムで情報発信をしているサイトです。

    invisa-lign.com/

  1. 青年期

    青年期のときに行う歯のケアは?
  2. 老年期

    老年期でなりやすい歯の病気は?
  3. 幼年期

    幼年期の乳歯列の完成期に気を付けたいこととは?
  4. 壮年期

    壮年期で歯に良い食べ物は?
  5. 児童期

    児童期におけるビタミンDの役割とは?
PAGE TOP