児童期

児童期におけるビタミンCの役割とは?

ビタミンCは欠かすことができない栄養素のひとつですが、児童期では特に必要不可欠です。

何故ならビタミンCは、傷の治癒などに必要となるたんぱく質であるコラ-ゲンを生成するからです。児童期には骨の成長を助け、丈夫な歯をつくることに大きく貢献しています。

ビタミンCは人間の体内で作ることができないために、食物等から摂取するしかありません。果物と野菜には豊富に含まれているので、成長期の子供にはなるべく野菜を食べさせるようにしたいものです。

ビタミンCを十分に摂らないと、病気になりやすくかったり、将来歯に支障が出るなどの健康に影響するため、どうしても不足しがちだという際にはサプリメント等で補うというのもひとつの方法ではないでしょうか。

特集記事

関連リンク

  • 赤帽さくら運送

    『赤帽さくら運送』は鹿児島市を中心に鹿児島県全域で引っ越しや、急送品の配送、不用品処分を、迅速、丁寧、安全に対応してくれます。引っ越しは九州一円まで単身者から、大家族、クループホームなどの施設移転などまで柔軟に対応してくれますよ。

    www.kagoshima-akabousakura.com/

  1. 児童期

    児童期で歯に良いおやつは?
  2. 児童期

    児童期で歯に良い生活習慣は?
  3. 青年期

    青年期におけるタンパク質の役割とは?
  4. 壮年期

    壮年期は何歳まで?
  5. 青年期

    青年期におけるビタミンDの役割とは?
PAGE TOP