幼年期

幼年期で歯の病気にかかりやすい年齢とは?

幼年期に生えてくる歯は大人と違ってエナメル質が薄くて柔らかくできているという特徴があります。

そのため虫歯になりやすいのです。特に1歳7か月くらいからは気を付けた方がいいですね。単純に進行が速いだけではなく、見えない部分まで広がりやすいので親御さんが気をつけて揚げる必要があります。

1歳の頃に歯みがきをしてあげる場合はあまりごしごしとこすってしまうと口の中を傷めてしまうので、親御さんがガーゼなどを指につけて磨いてあげましょう。生活習慣面では食事やおやつの時間を決めておくことと、子供用の歯ブラシを用意してブラッシングをする習慣を持つようにするのが効果的です。

歯みがきをした後は子供を褒めてあげましょう。

特集記事

  1. 青年期

    青年期におけるビタミンCの役割とは?
  2. 児童期

    児童期で歯に悪い食べ物は?
  3. 幼年期

    幼年期で歯に良い生活習慣は?
  4. 児童期

    児童期における健康的な歯の作り方は?
  5. 壮年期

    壮年期で歯に良い食べ物は?
PAGE TOP