児童期

児童期で歯に悪い食べ物は?

児童期は乳歯が生えていた状態から永久歯に生え替わる重要な時期になります。

育ち盛りの児童期の子どもは、お菓子などといった甘い味がする食べ物が大好きですが、特に甘さが美味しいキャラメルは歯に悪い食べ物となってしまうのです。

ネバネバしているキャラメルは口の中に長い時間、砂糖の塊が入ったままの状態になります。キャンディーなどの類もキャラメルと同様に良くないので注意することが必要です。そして糖分がたくさん含まれているので歯に付着しやすいチョコレートは歯に悪い食べ物の1つとなります。

ガムもキャラメルと同様に口の中に長く砂糖を含むことになるので児童期の子どもに与える、おやつとしては避けた方が無難な食べ物です。

特集記事

  1. 児童期

    児童期は何歳まで?
  2. 青年期

    青年期で歯が生え揃う年齢は?
  3. 老年期

    老年期で歯に良い飲み物は?
  4. 壮年期

    壮年期におけるリンの役割とは?
  5. 青年期

    青年期におけるホワイトニング方法とは?
PAGE TOP