幼年期

幼年期は何歳まで?

人間の成長と共に体だけでなく、乳歯から永久歯へと生え変わります。乳幼児期とは生まれてから1歳6か月ほどのことを示しており、幼年期とは2歳から10歳までのことを示しています。

もちろん人によって成長の度合いは異なりますから、はっきりと区別するのでなく、年齢は目安として考えるほうが良いでしょう。

幼年期の前半はまだ乳歯しか生えていませんが、実はすでにその下に永久歯となる土台が作り始められています。そのため幼年期の頃から正しくかむことを覚えることが必要になりますし、幼年期の後半になると永久歯も生えているので交じり合う状態になります。

重なりやすくなって磨きにくいことも起こるので、しっかりケアをすることが欠かせません。

特集記事

関連リンク

  • 京都 ドライバー

    京都でドライバーのお仕事をお探しでしたらぜひ一度当サイトまでお越しください!ネットが進むにつれて、物流が担う役目は増えます。その担い手になりませんか?

    www.kansai-driver-haken.com/

  1. 児童期

    児童期で歯に良い食べ物は?
  2. 壮年期

    壮年期でで歯が生え揃う年齢は?
  3. 老年期

    老年期は何歳まで?
  4. 児童期

    児童期におけるビタミンCの役割とは?
  5. 幼年期

    幼年期におけるビタミンCの役割とは?
PAGE TOP