児童期

児童期におけるビタミンAの役割とは?

幼い児童期にとってビタミンAの役割はとても大きいです。ビタミンAは脂溶性ビタミンで、皮膚や粘膜を正常に保つ重要な働きがあります。

視覚を正常にしたり、成長するためにも必要な栄養素なので不足しないようにしましょう。ビタミンAが不足してしまうと歯や骨の発育に問題が生じるかもしれませんし、細菌への抵抗力が落ちてしまいます。また、視覚が悪くなったり、ドライアイになりやすくなるかもしれません。

ビタミンAは脂溶性ですから、油と一緒に摂取したほうが吸収率がアップします。どのような食べ物に含まれているのかというと、牛や豚の肝臓やウナギなどです。

これらは特にたっぷり含まれていますので、児童期ならばレバーやウナギを欠かさないようにしましょう。

特集記事

関連リンク

  • 幼稚園

    幼稚園ならみずほ幼稚園!「実るほど頭を垂れる稲穂かな。」という言葉を大切にし、これまで幼児教育をつづけてきました。智を身につけると同時に礼を重んじる徳を磨く。それは地球で共存している限り必要なことなのです。あたりまえを丁寧に。それがみずほ幼稚園です。

    www.mizuho.ac.jp/

  1. 児童期

    児童期でなりやすい歯の病気とは?
  2. 幼年期

    幼年期の乳歯列の完成期に気を付けたいこととは?
  3. 幼年期

    幼年期で歯に悪い飲み物は?
  4. 青年期

    青年期におけるホワイトニング方法とは?
  5. 老年期

    老年期におけるホワイトニング方法とは?
PAGE TOP