児童期

  1. 児童期で歯並びを整えるコツとは?

    児童期は、乳児期から幼児期にかけてはえそろった乳歯が生え変わる時期になります。数か月に1回定期健診に訪れることによって歯並びを整えることにつながります。最近…

  2. 児童期における健康的な歯の作り方は?

    永久歯に生え変わる児童期の過ごし方は、その後の生活に大きく影響してきます。まず健康的な歯のためには、歯磨きを欠かすことは出来ません。朝昼晩の食事の後はもちろ…

  3. 児童期における歯の特徴とは?

    児童期は乳歯から永久歯への交換期を迎える大切な時期です。一般的には6歳ぐらいから生え代わり始め、12歳頃までには28本の永久歯が生え揃います。永久歯はエナメ…

  4. 児童期で永久歯が生え揃う年齢は?

    一般的に乳歯から永久歯へ生え変わる時期は、6~12歳頃の児童期と言われています。まず、親知らずを除く奥から2番目が生え始めます。その後は、前から奥へと順に新…

  5. 児童期で両親がすべきこととは?

    児童期の子供に対して歯の健康を維持させるために両親がすべき事はしっかりとした習慣づくりです。最も基本となるのが食後の歯磨き習慣ですが、児童期のうちに習慣付け…

特集記事

  1. 壮年期

    壮年期で歯に悪い飲み物は?
  2. 幼年期

    幼年期でお母さんがすべきこととは?
  3. 老年期

    老年期で歯が生え揃う年齢は?
  4. 児童期

    児童期におけるタンパク質の役割とは?
  5. 壮年期

    壮年期で歯に良い食べ物は?
PAGE TOP