壮年期

壮年期は何歳まで?

壮年期は40歳頃から60歳頃まで、ケアをおこたると歯を失うリスクが高まる時期でもあります。

加齢にともない口腔内の唾液の量が減り、口の中全体がネバネバして自称作用が低下、歯肉が痩せて下がりむし歯も進行しやすくなります。

壮年期の頃は働き盛りで仕事が忙しいため医者に通うこともおこたりがち、痛みが生じて治療を開始したときには症状が進行しているケースが多く、治療も長引き最悪は歯を失うことになってしまうのです。手遅れにしないために年に1~2回の頻度で。定期検診を受けてケアを受けるのが良いでしょう。

もちろん朝晩の歯磨きにも重要で予防効果があるフッ素を含むハミガキ粉を使うと効果的、デンタルフロスやブラシを使って隙間に挟まった汚れもしっかり落としましょう。

特集記事

関連リンク

  • 福岡 ホイール買取

    車庫の奥に放置されたホイールの置き場にお困りではありませんか?タイヤ・ホイール買取の【サンロード】なら、価値に詳しい専門スタッフが丁寧に査定してくれるので、ホイールの価値に詳しくない方でも安心して依頼できますよ。

    www.sunroad-tire-kaitori.jp/

  1. 壮年期

    壮年期におけるカルシウムの役割とは?
  2. 児童期

    児童期におけるビタミンAの役割とは?
  3. 児童期

    児童期で歯並びを整えるコツとは?
  4. 青年期

    青年期で歯並びを整えるコツとは?
  5. 幼年期

    幼年期におけるカルシウムの役割とは?
PAGE TOP