児童期

児童期で両親がすべきこととは?

児童期の子供に対して歯の健康を維持させるために両親がすべき事はしっかりとした習慣づくりです。

最も基本となるのが食後の歯磨き習慣ですが、児童期のうちに習慣付けておくことがとても重要です。この時期にしっかりとした習慣が形成されると、歯磨きをめんどくさいと感じるのではなく、磨かないと気持ちが悪いと感じられるようになります。

このような習慣を当たり前のこととして身につけさせる工夫をすることが両親の役割です。具体的な方法としてはめんどくさい歯磨きをすることによって本人にメリットがあると言う環境を作ってあげることです。歯磨きをしたら褒めてあげると言う対応も良い効果を期待することができます。

逆に磨かなければデメリットがあるようにすることにより習慣付けをすることもできます。

特集記事

関連リンク

  • 黒毛和牛 弁当

    黒毛和牛のお弁当なら中津留です。厳選された食材を使用した自慢のお弁当をぜひ召し上がってください。大切な会食や大切な場面で、きもちのこもったお弁当をご提供することが可能です。

    www.nakatsuru.com/

  1. 老年期

    老年期における口臭ケアとは?
  2. 幼年期

    幼年期の乳歯列の完成期に気を付けたいこととは?
  3. 壮年期

    壮年期で歯に良いおやつは?
  4. 老年期

    老年期で歯に悪い飲み物は?
  5. 青年期

    青年期でなりやすい歯の病気は?
PAGE TOP