児童期

児童期は何歳まで?

児童期は、生後6年から12年までのことで、小学校時代のことを指しています。

歯は生え変わる時期にあたりますから、丁寧なケアが必要になります。歯が生える時期や順番には個人差がありますので、子供の状態にあわせていきます。

だいたい6歳ごろから永久歯に変わり始めるため、歯磨きを一本ずつきめ細かに行っていきます。歯茎も成長する時期なので、ハブラシでしっかりと磨いていきましょう。子供が自分自身で磨けるように、大人がきちんとした磨き方を教えてあげるのが重要です。

小学校低学年くらいまでは、食事が終わるたびに一緒にブラッシングをしてあげてください。糸ようじも利用しながら、一本ずつ食べ残しがないように磨いていきます。

特集記事

関連リンク

  • 株式会社幸大

    気軽に、ヘルシーで美味しい餃子を食べたい!という方。株式会社幸大の「生姜たっぷり野菜餃子」はいかがですか?皮に使う小麦粉は十勝産、道産豚肉をたっぷり使った餃子です。フライパンに油をひき、冷凍のまま焼くだけで召し上がれます。

    tonton-gyoza.com/

  1. 壮年期

    壮年期における歯のケアは?
  2. 壮年期

    壮年期で歯に良い生活習慣は?
  3. 児童期

    児童期における健康的な歯の作り方は?
  4. 老年期

    老年期におけるカルシウムの役割とは?
  5. 幼年期

    幼年期におけるカルシウムの役割とは?
PAGE TOP