児童期

児童期における歯の特徴とは?

児童期は乳歯から永久歯への交換期を迎える大切な時期です。

一般的には6歳ぐらいから生え代わり始め、12歳頃までには28本の永久歯が生え揃います。永久歯はエナメル質や象牙質の厚みがあり丈夫ではありますが、生えたばかりの2年はまだ未成熟で抵抗力もありません。

また抜けたり生えたりが続く交換期のこの時期は凸凹が多く、一生のうちでも歯みがきが一番難しいとも言われています。ブラシが当てにくく磨き残しも多くなるので、小学校低学年ぐらいまでは両親が仕上げみがきをしてあげても良いかもしれません。

そしてフッ素にはエナメル質を丈夫にする効果があるので、生え代わりの頃の未熟な時期はフッ素塗布の治療を受けた方が安心です。

特集記事

関連リンク

  • ゆみ美容皮膚科クリニック オンラインショップ

    ゆみ美容皮膚科クリニック オンラインショップのパウダーサンスクリーン SPF30/PA+はお出かけなどの紫外線対策に最適な、携帯用日焼け止めです。お肌の余分な皮脂を抑えて、テカリのない明るい輝きのある肌に整えてくれる優れたアイテムです!

    yumi-beauty.shop-pro.jp/

  1. 児童期

    児童期におけるビタミンCの役割とは?
  2. 青年期

    青年期のときに気を付けたいこととは?
  3. 児童期

    児童期で歯に悪い飲み物は?
  4. 青年期

    青年期における口臭ケアとは?
  5. 老年期

    老年期で歯に良いおやつは?
PAGE TOP