幼年期

  1. 幼年期は何歳まで?

    人間の成長と共に体だけでなく、乳歯から永久歯へと生え変わります。乳幼児期とは生まれてから1歳6か月ほどのことを示しており、幼年期とは2歳から10歳までのことを示…

  2. 幼年期で乳児のときに行う歯のケアは?

    乳児の歯が生える時期はかなりの個人差があるといえるでしょう。一般的には生後6か月ほどの時に下の前歯が生えてくる子供が多く、そのころから離乳食を始める家庭が多いも…

  3. 幼年期で乳児のときに気を付けたいこととは?

    幼年期は色々と心配事が多いかと思いますが、乳児のオーラルケアで気を付けるポイントは磨き方とタイミングです。離乳食を始めるまでは、ガーゼや滅菌シートで汚れ…

  4. 幼年期で歯の病気にかかりやすい年齢とは?

    幼年期に生えてくる歯は大人と違ってエナメル質が薄くて柔らかくできているという特徴があります。そのため虫歯になりやすいのです。特に1歳7か月くらいからは気…

  5. 幼年期でなりやすい歯の病気は?

    大人と同じような食事をし、いろいろな種類のお菓子を食べるようになる幼年期は、虫歯になりやすい時期です。そもそも、乳歯は表面のエナメル質が薄く、酸に弱いた…

特集記事

  1. 幼年期

    幼年期で乳児のときに気を付けたいこととは?
  2. 幼年期

    幼年期におけるカルシウムの役割とは?
  3. 青年期

    青年期で歯に悪い生活習慣は?
  4. 壮年期

    壮年期で歯に良いおやつは?
  5. 青年期

    青年期で歯に悪いおやつは?
PAGE TOP