児童期

児童期で歯に良い食べ物は?

乳製品は歯を丈夫にしてくれ、また栄養が豊富なので児童の歯に良いと言えます。

ごま・チーズ・ヨーグルト等はカルシウムが豊富に含まれており、カルシウムは歯を丈夫にするので児童期の際に歯に良い食べ物の代表格だと言えます。

カルシウムは小魚等にも多く含まれており、カルシウムは児童のイライラを改善させる効果もありますのでカルシウムが多く入っている食べ物がおすすめです。飲み物で言えば牛乳や飲むヨーグルト等が良いと言えます。他には、象牙質の形成を支えるビタミンCが多いレモン等、エナメル質を強化するビタミンAが多いパセリ等が良く、噛むことにより歯の表面が綺麗になる繊維質のレタス等がおすすめです。

噛む場合に唾液が出ますがこの唾液は口の中の雑菌の繁殖を防ぐ効果があります。

特集記事

関連リンク

  • 国際結婚 手続き

    国際結婚の難関のひとつに手続きがあります。国内の結婚よりも煩雑で時間もかかり、自分で調べて手続きをするのは大変です。日本国際結婚協会はしっかりサポートしてくれるので、安心して婚活に専念することが出来ますよ。

    ji-marriage-a.or.jp/

  1. 壮年期

    壮年期でなりやすい歯の病気は?
  2. 青年期

    青年期で歯に良い食べ物は?
  3. 児童期

    児童期で歯並びを整えるコツとは?
  4. 壮年期

    壮年期で歯並びを整えるコツとは?
  5. 老年期

    老年期で歯に悪い生活習慣は?
PAGE TOP