幼年期

幼年期でなりやすい歯の病気は?

大人と同じような食事をし、いろいろな種類のお菓子を食べるようになる幼年期は、虫歯になりやすい時期です。

そもそも、乳歯は表面のエナメル質が薄く、酸に弱いため虫歯になりやすいという特徴があります。虫歯になることで、顎の発達などに影響が出てしまうこともあります。

子供自身でも歯磨きをできるようになってきますが、自分で口の中を完全にきれいにすることはまだできないため、大人の手による仕上げ磨きは欠かせません。また、体の成長が著しい時期であるため、顎の成長にも大切な時期です。この時期に指しゃぶりや頬杖、うつ伏せ寝といった癖があると、口内環境が乱れる原因となってしまいます。

そのような癖はできるだけ早くやめさせることが、子供の健全な成長には重要です。

特集記事

関連リンク

  • 不動産投資 基礎知識

    老後の資金作りに不動産投資をお考えなら、総合不動産会社リヴトラストが運営している「リヴプラス」のコラムをチェックしておきましょう。専門的な解説が掲載されているので、初めての方はもちろん、新たな物件をお探しの方にもオススメです。

    liv-plus.jp/

  1. 児童期

    児童期でなりやすい歯の病気とは?
  2. 老年期

    老年期における健康的な歯の作り方は?
  3. 青年期

    青年期で歯に悪い生活習慣は?
  4. 幼年期

    幼年期におけるタンパク質の役割とは?
  5. 老年期

    老年期におけるタンパク質の役割とは?
PAGE TOP