壮年期

壮年期でで歯が生え揃う年齢は?

壮年期で歯が生え揃う年齢は、約2歳くらいとされています。子供の成長の度合いなどによっても多少変わることがあるのですが、平均すると約2歳くらいで生え揃います。

壮年期の子供の歯は大人に比べて細菌の感染力に非常に弱いため、すぐに穴があいてしまったりすることがあります。このような症状が出た場合には、すぐに病院に行き治療してもらうことが大切になります。

虫歯の状態を放置していると、永久歯にも大きく影響してしまうことから、早期の治療が大切です。また、病院などではフッ素などを塗ってくれるので、歯の状態を良くしてくれます。

このように状態を良くしていれば、細菌の感染なども未然に防止することができますし、将来も安心です。

特集記事

  1. 児童期

    児童期で歯に良いおやつは?
  2. 児童期

    児童期で歯に悪いおやつは?
  3. 青年期

    青年期で歯に良い食べ物は?
  4. 青年期

    青年期における歯のケアは?
  5. 青年期

    青年期におけるタンパク質の役割とは?
PAGE TOP