児童期

児童期でなりやすい歯の病気とは?

児童期でなりやすい歯の病気は、やはり虫歯です。食事をよく食べるようになるだけではなく、お菓子のおやつやジュースなども飲むようになるので虫歯になりやすくなります。

しっかりとブラッシングをしていても、やはりいつの間にか口内のトラブルになっている場合もあるので、定期的に検診などに行き、虫歯がないか、口内のトラブルなどがないかを確認しておきましょう。

デンタルクリニックではフッ素で歯を保護してもらうといいです。口内を健康な状態にしておくことが児童期にはとても大切です。

口内に何もトラブルがないからとデンタルクリニックに行かないというのではなく、定期的に行くことで口内を健康に保つことが出来るようになります。

特集記事

関連リンク

  • インビザライン

    インビザラインはアライナーと呼ばれる薄くて透明なマウスピースを使用する歯列矯正です。これまでの銀のワイヤーを用いた施術とは異なり、他人からの視線が気にならない歯列矯正です!ぜひ詳しくは当サイトまで!

    www.kyouseishika-kyoto.jp/

  1. 幼年期

    幼年期で歯に良い生活習慣は?
  2. 老年期

    老年期のときに気を付けたいこととは?
  3. 幼年期

    幼年期で歯に悪い飲み物は?
  4. 壮年期

    壮年期におけるタンパク質の役割とは?
  5. 老年期

    老年期でなりやすい歯の病気は?
PAGE TOP