児童期

児童期で歯の病気にかかりやすい年齢とは?

児童期の段階は、歯の健康に特に気をつけなければなりません。生え揃う段階で虫歯などの病気が発症すると、それ以降も常に痛みや違和感に悩まされ続けることになる可能性が高くなります。

それはお子さんにとってもつらいこととなりますので、保護者がしっかりと気を配る必要性が高いと言えます。比較的柔らかく菌に弱い乳歯は、保護者の方が状態を確認しながらしっかりと磨いてあげることも大切です。

最も気をつけなければならない年齢は1歳6ヶ月前後です。この時期には初めての奥歯が生えてくるため、磨き残しが発生しやすくなります。ついで2歳6ヶ月ころの第二乳臼歯の生えてくる時期が要注意と言えるでしょう。

表面だけでなく隙間の部分もブラッシングを的確に行うことを心がけてください。

特集記事

  1. 幼年期

    幼年期でなりやすい歯の病気は?
  2. 壮年期

    壮年期は何歳まで?
  3. 児童期

    児童期で歯に良いおやつは?
  4. 幼年期

    幼年期で歯に良いおやつは?
  5. 幼年期

    幼年期で歯に悪い食べ物は?
PAGE TOP