老年期

老年期で歯並びを整えるコツとは?

人は食べ物を必ず食べて生活をしていますので、丈夫な歯を末永く保つことは生活を充実させるうえでも非常に重要です。

健康な歯を維持するためには、歯並びに関しても気をつけなければなりません。そこで矯正という手段が考えられますが、矯正というと子供の頃に行う方法で、老年期に行っても意味がないと思われがちです。

しかし、実際には矯正に年齢は関係ありません。治療目的や考えられる問題をしっかりと認識する事によって、効果的な歯並びを得ることができます。平均年齢が男女ともに80歳近い現代の日本では、自分の歯で食事ができる事がいつまでも若々しく過ごす事のコツにつながります。

専門医と相談の上、確かな知識と共に最適な方法を探しましょう。

特集記事

関連リンク

  • 抗菌レースカーテン

    アレルギー症状にお困りの方、抗菌・花粉キャッチ機能のあるレースカーテンに変えてみませんか?カーテン通販専門店INN’Sの抗菌レースカーテンなら、機能性の高さはもちろんデザインが豊富なので、好みのアイテムを選ぶことが出来ます。

    www.inns.jp/

  1. 壮年期

    壮年期は何歳まで?
  2. 児童期

    児童期で歯並びを整えるコツとは?
  3. 壮年期

    壮年期におけるタンパク質の役割とは?
  4. 青年期

    青年期のときに気を付けたいこととは?
  5. 児童期

    児童期で歯に悪い生活習慣は?
PAGE TOP