壮年期

壮年期におけるリンの役割とは?

リンは人間の体内に必要不可欠な栄養素であり、成人の場合は体内で約850gが存在しています。

その働きにはカルシウムやマグネシウムと結び付くことで、歯や骨を構成し、エネルギーなどを作り出す時にも使われる栄養成分です。

一般的には動物性の食品に豊富に含まれているため、毎日意識して摂取を行う必要もないですが、過剰摂取の方が問題になる成分と言われます。壮年期にはカルシウムの方が不足しがちなので、カルシウム摂取を意識することが必要です。

なお歯を構成する時にも必要な成分ですが、壮年期では食べかすが詰まり、歯垢化した場合、唾液に含まれるリンの成分が、その歯垢と結び付いて歯石になることもあります。そのため壮年期では、その対策に力を入れることが重要なポイントとなります。

特集記事

関連リンク

  • WORK MARKETING

    プラント工事業者をお探しの方は、WORK MARKETINGはいかがでしょうか?船舶や発電所など、技術が伴われるプラント工事を専門に行っております。長年の実績と経験のある作業員たちが丁寧に行いますので、安心してお任せいただけます。

    www.workmarketing.jp/

  1. 児童期

    児童期におけるカルシウムの役割とは?
  2. 児童期

    児童期のときに気を付けたいこととは?
  3. 壮年期

    壮年期におけるビタミンDの役割とは?
  4. 壮年期

    壮年期におけるタンパク質の役割とは?
  5. 児童期

    児童期で歯の病気にかかりやすい年齢とは?
PAGE TOP