壮年期

壮年期におけるビタミンAの役割とは?

壮年期におけるビタミンAの役割は、歯のエナメル質を強化することです。

また、歯周病予防にも役立つと言われています。ビタミンAには、レチノールとカロテンの2種類があります。レチノールは動物性食品に多く含まれており、カロテンは緑黄色野菜などに多く含まれています。油分と一緒に摂ると、吸収しやすくなります。

ビタミンAはエナメル質の形成に関わる栄養素で、丈夫な歯をつくるためにはカルシウムだけでは足りません。ビタミンAと一緒に摂ることが重要です。それから免疫力を高める働きもあるので、口内の皮膚や粘膜を健康な状態にしてくれます。

ビタミンAが不足すると免疫力が低下してしまい、細菌が繁殖して虫歯や歯周病になりやすくなります。

特集記事

  1. 児童期

    児童期で歯に悪い飲み物は?
  2. 児童期

    児童期で咬み合わせが関係する年齢とは?
  3. 児童期

    児童期で歯に悪い生活習慣は?
  4. 児童期

    児童期でなりやすい歯の病気とは?
  5. 幼年期

    幼年期で歯に良いおやつは?
PAGE TOP