老年期

老年期で歯の病気にかかりやすい年齢とは?

現代は食生活が良くなっているために、何でも手に入るものを食べることができます。

しかしそれも若い年齢から中高年までのことであり、それ以後となると段々口の中の悩みが出てくるようになります。世間一般では、年齢が80歳までに20本歯が残せるようにと指導しています。

そのくらい口の中の病気も多くなり、特に歯周病などは歯茎から始まって、最悪抜く羽目になり大事な歯を失ってしまうのです。老年期は口のケアもおろそかになり歯周病などなりやすく、年齢も70代に突入するといよいよ数本を失っているというのが実情です。

個人差があり40代の若さでも失ってしまう人もあれば、70歳過ぎても健康な口の人もいます。一本失うと連鎖のように次々と失う原因を作ってしまうので、できる限り守る体制でケアしたいものです。

特集記事

関連リンク

  • Social Lab

    今や、みんなが見ているYouTube。YouTuberが企業の商品を宣伝している動画を見たことがないですか?宣伝依頼をしてみたい!と思ってもやり方が分からないですよね?そんな時は、Social Labがおすすめです。マーケティングについて詳しく掲載されているので、まずは一度ご覧ください。

    social-lab.jp/

  1. 壮年期

    壮年期における歯周病ケアとは?
  2. 幼年期

    幼年期で歯に良い食べ物は?
  3. 児童期

    児童期におけるカルシウムの役割とは?
  4. 児童期

    児童期におけるビタミンAの役割とは?
  5. 児童期

    児童期でなりやすい歯の病気とは?
PAGE TOP