老年期

老年期のときに気を付けたいこととは?

老年期のときに気を付けたいこととして、天然歯がなくなっている場合でも歯周病にならないようなケアが挙げられます。

歯周病菌は口の中で食べ物に混じるため、誤嚥した際に肺に運ばれることで肺炎の原因になります。また、肺だけでなく全身に運ばれて悪影響を及ぼし、細菌性心膜炎や心筋梗塞・脳梗塞になることもある危険なものです。これは口の中を清潔に保つと予防できます。

糖尿病になると血糖値が下がらなくなり、高血糖になると毛細血管で障害が起きて抵抗力が弱くなります。その結果、歯周病菌にも弱くなってしまい、様々な病気に繋がるのでこれも気を付けましょう。

歯周病を予防するには毎食後にブラッシングするのが効果的なので、丁寧に手入れすると良いです。

特集記事

関連リンク

  • 巻き爪キューキュー福岡

    巻き爪の痛みから解放されたい福岡にお住いの方は【巻き爪キューキュー福岡】に相談してみてください。爪のプロフェッショナルが、悩みを解決してくれます。1人1人の症状に合わせ、補正器具を使った治療を施してくれます。根元から改善していくので、再発しにくくなりますよ。

    www.makizume99.com/

  1. 幼年期

    幼年期におけるリンの役割とは?
  2. 壮年期

    壮年期で乳児のときに気を付けたいこととは?
  3. 児童期

    児童期で歯に悪い生活習慣は?
  4. 老年期

    老年期におけるリンの役割とは?
  5. 青年期

    青年期で歯に悪い飲み物は?
PAGE TOP