老年期

老年期でなりやすい歯の病気は?

老年期になると唾液の量が減ってしまうなどの老化現象によって口内環境が悪化してしまう傾向にあるので、毎日の歯磨きだけでなく定期的な検診やクリーニングを行ってケアを積極的にしていく必要があります。

老年期では今まで治療をしていた場所が再び虫歯になってしまったり、歯周病になりやすくなるなど歯を失うリスクが増えてきてしまいます。

かむ力も弱くなってしまったり入れ歯を利用することも増えることから、唾液の量も減ってしまうことから口の中が乾燥してしまうドライマウスになってしまいます。ドライマウスになると口臭がきつくなったり、雑菌が繁殖しやすくなるなど口内環境が悪くなりやすいので日頃からのケアが重要です。

水分を補給するなど口の中を清潔に保つことが大切です。

特集記事

  1. 児童期

    児童期は何歳まで?
  2. 壮年期

    壮年期で歯に悪い生活習慣は?
  3. 青年期

    青年期でなりやすい歯の病気は?
  4. 壮年期

    壮年期におけるビタミンCの役割とは?
  5. 青年期

    青年期で歯の病気にかかりやすい年齢とは?
PAGE TOP