幼年期

幼年期の乳歯列の完成期に気を付けたいこととは?

通常、4歳頃までに乳歯列が完成しますが、この幼年期に色々と気をつけないと、将来の歯並びに影響してしまいます。

例えば最近の子供は柔らかい食べ物を好む傾向にありますが、正しく噛む習慣がついていないと顎の骨も発達しません。根菜類やきのこ類、干物など簡単には飲み込めない食材を積極的にメニューに取り入れる事で唾液がよく分泌され、それが虫歯予防にもなります。

また食事をする時は叱りつけないように気をつけます。顎の骨を丈夫にするには正しい姿勢も大事で、子供が泣いたり元気が無くなると猫背になってしまうからです。食事時は楽しい雰囲気作りをしてあげる事で、好き嫌いが少なくなるメリットもあります。

そしてもう一つ、正しい姿勢を保つには全身の筋肉をつくる事が基本になるので、幼年期の頃からよく歩き、公園などに連れ出してしっかり体を動かす事も大切です。

特集記事

関連リンク

  • 矯正歯科 新宿

    矯正歯科なら新宿の東京ビアンコデンタルクリニックも候補に入れませんか?コスパのいい矯正治療をご提案いたします。インビザラインから裏側矯正などの見えない矯正にこだわった東京ビアンコデンタルクリニックで一度カウンセリングを受けてみませんか?

    kyouseishika-shinjuku.tokyo/

  1. 幼年期

    幼年期におけるタンパク質の役割とは?
  2. 老年期

    老年期における歯周病ケアとは?
  3. 青年期

    青年期のときに気を付けたいこととは?
  4. 児童期

    児童期でなりやすい歯の病気とは?
  5. 青年期

    青年期における歯のケアは?
PAGE TOP