青年期

青年期における口臭ケアとは?

若いころは口の悩みもなく、好きなものを何でも食べたり飲んだりしながら過ごしても、なんら問題なく一向に気になりません。

しかし青年期に入って来ると、人によってはタバコを吸う習慣がついている人も多いものです。また自分の個人的な好みで、普段の食生活の食べ物が大幅に変わってきます。常にタバコを吸う習慣のある人は、歯の裏が真っ黒になるほどヤニが付いてきます。

口中のために何のケアもしないで放置していると、年齢と共に歯槽膿漏などの原因を作ってしまいます。歯についたヤニは歯ブラシでは取れないので、歯科へ行って専用のもので取ってもらいます。

口の中を清潔にするために、通常の習慣に加えて、口の細菌を繁殖させないためのリンスなどを使用します。

特集記事

関連リンク

  • 遮光カーテンセット

    遮光カーテンに合わせたレースカーテンをセットで購入することが出来る《ふくろうのカーテン》。あらかじめセットで担っているので、価格も割安になって、それぞれ商品を探す手間も省けますよ。機能やデザインが豊富に揃っているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

    www.curtain-fukuro.jp/

  1. 児童期

    児童期で歯に良い飲み物は?
  2. 幼年期

    幼年期における歯のケアは?
  3. 児童期

    児童期におけるリンの役割とは?
  4. 老年期

    老年期で歯に良い生活習慣は?
  5. 老年期

    老年期におけるホワイトニング方法とは?
PAGE TOP