幼年期

幼年期におけるビタミンCの役割とは?

ビタミンCは美容や健康に欠かせない成分として主に女性を中心に人気の成分ですが幼年期においても不足しないように気を付けたい成分でもあります。

歯の成長面で考えると、ビタミンCは傷のなおりを早めたり出血を防ぐ働きがありますし、たんぱく質の合成に関わったり鉄分の吸収にも関与しています。とりわけ歯茎の健康のためにはビタミンCは重要な栄養素ですので、野菜や果物から毎日しっかりと摂取したい栄養です。

ビタミンCはストレスや活性酸素にも大きく関与する栄養素で、美容や健康には無くてはならないものです。

歯茎の出血が気になるときにはビタミンCが不足していることが考えられますので毎日の食生活でしっかりとるようにしましょう。

特集記事

  1. 老年期

    老年期におけるビタミンCの役割とは?
  2. 壮年期

    壮年期における歯周病ケアとは?
  3. 青年期

    青年期におけるホワイトニング方法とは?
  4. 児童期

    児童期で永久歯が生え揃う年齢は?
  5. 青年期

    青年期におけるタンパク質の役割とは?
PAGE TOP