壮年期

壮年期で乳児のときに行う歯のケアは?

壮年期になって乳児のときに行う歯のケアとして、菌を移さないというものがあります。

まずは自分の口の清潔を保つようにして、トラブルがある場合は早めに治療すると安心です。子どもと大人の食器を分ける、離乳食の硬さを噛んで確かめるなど唾液が入らないようにしてください。

歯磨きの習慣をつけさせて、10歳になるまでは1日1回は大人に手によって仕上げを行っていきます。年齢に応じたフッ化物配合を利用する、定期的に歯科医で口腔内の健康チェックを受けて3歳までは年に2回以上フッ化物塗布を受けるとリスクを減らすことができるのでおすすめです。

虫歯にしないことを心掛けていき、菌を移さないように意識することで健康を守ることができます。

特集記事

関連リンク

  • アサヒ調査

    熊本県には老舗の探偵社があるんです!「有限会社 アサヒ調査」は熊本で50年もの間、調査活動に携わってきた会社です。不倫調査や結婚調査、行方不明者の捜査を行ってくれます。身内と話していても解決しない問題を依頼するならおすすめです!

    www.asahi-chosa.com/

  1. 壮年期

    壮年期におけるビタミンAの役割とは?
  2. 青年期

    青年期でなりやすい歯の病気は?
  3. 壮年期

    壮年期でなりやすい歯の病気は?
  4. 児童期

    児童期で咬み合わせが関係する年齢とは?
  5. 老年期

    老年期で歯に良い生活習慣は?
PAGE TOP