青年期

青年期で歯に良い食べ物は?

青年期は第二次成長期がある人間の一生の中でも重要な時期です。そのためこの時期の食生活が悪いと顎が十分に発達せず、歯並びが悪くなったり結果として虫歯になりやすくなることもあります。

できるだけ噛み応えがあり、栄養がしっかりとしたものを摂るとよいでしょう。中でもいか、たこ、小魚、海藻、大豆製品が良いでしょう。これらの食品には骨や歯の原料となるミネラルやたんぱく質、カルシウムが豊富に含まれています。

加工食品に多いリン酸ナトリウムはカルシウムと結合して排出されてしまうため、リン酸ナトリウムが含まれている食品を摂りすぎるのには注意が必要です。

またどのような食材であってもしっかりと咀嚼をすることが、歯の育成には必要です。

特集記事

関連リンク

  • ダニ対策

    20年以上の研究からダニの弱点である”乾燥”に着目して誕生したダニ対策・駆除に最適な《ダニ捕りロボ》をご自宅で活用してみませんか?置くだけの簡単な設置で3ヶ月間効果を発揮し続けます!布団やソファのダニにお悩みの方はぜひご活用ください!

    www.danitori.com/

  1. 児童期

    児童期は何歳まで?
  2. 壮年期

    壮年期で歯に良い生活習慣は?
  3. 壮年期

    壮年期で歯に良いおやつは?
  4. 児童期

    児童期で歯に悪い飲み物は?
  5. 老年期

    老年期における歯周病ケアとは?
PAGE TOP