青年期

青年期における健康的な歯の作り方は?

青年期になると歯が健康でいるためにも歯周病にならないように気をつける必要があります。虫歯にならないためには、やはりしっかりとした毎日のブラッシングが大切です。

ブラッシングをきちんと行うことで、口内を健康にするだけではなく、歯周病などの口内のトラブルなども避けることが出来ます。

青年期の後期になると職場や私生活で変化の多い生活環境になることが多いですよね。結婚や出産などで自分自身のライフスタイルを確立していきます。青年期になると学校などで行われていた検診なども行われなくなり、口内を気にする検査などにもあまり行かなくなってしまうことがあります。

その結果いつの間にか歯がボロボロになっていたということもあるので、定期的にデンタルクリニックで検査、治療を行うようにしましょう。

特集記事

関連リンク

  • コスメディ製薬

    コスメディ製薬は、金属やシリコン等の硬い素材で作られたマイクロニードルではなく、ヒアルロン酸やコラーゲン等の、皮膚内で溶ける物質で作る「溶解型マイクロニードル」技術開発に成功しました。安全性や利便性から、医薬分野だけでなく美容分野でも大変注目されています。

    cosmed-pharm.co.jp/

  1. 壮年期

    壮年期で歯に良いおやつは?
  2. 壮年期

    壮年期におけるカルシウムの役割とは?
  3. 児童期

    児童期で咬み合わせが関係する年齢とは?
  4. 児童期

    児童期で両親がすべきこととは?
  5. 壮年期

    壮年期における健康的な歯の作り方は?
PAGE TOP