壮年期

壮年期で歯に悪い食べ物は?

壮年期とは30代から40代前半の事を差している年代と言われていますが、社会的には責任世代ともされてストレスも多く食生活や歯磨きなどのケアによって将来残せる歯の本数が結構変わってきます。

そんな壮年期の歯に対して悪い食べ物と言うと意外に知られていないのが柑橘類で、ビタミンCが美肌効果もあり健康にいいとされていますが、強い酸と糖分は歯に悪影響を与える事から注意が必要です。

同じ様にドライフルーツも手軽な健康食品とされていますが、糖分が柑橘類以上に多い事とねっとりした食感がくっつきやすい事からも悪影響を与えています。

またよく噛んで食べる事は健康にもいいと言われていますが、硬すぎる食べ物は返って噛み合わせを狂わせてしまう原因にもなるので注意する事によって壮年期でも健康な歯を維持出来て将来も安心です。

特集記事

  1. 児童期

    児童期で行う歯のケアは?
  2. 児童期

    児童期におけるビタミンDの役割とは?
  3. 青年期

    青年期のときに行う歯のケアは?
  4. 青年期

    青年期で歯に悪い食べ物は?
  5. 老年期

    老年期におけるビタミンCの役割とは?
PAGE TOP