青年期

青年期におけるビタミンDの役割とは?

ビタミンDは青年期に非常に重要な役割を担っています。ビタミンDは、小腸からカルシウムを吸収する際に、その機能を高める役割があります。

つまり、骨を形成する重要な時期となる青年期は摂取する事が大切になります。また骨だけでなく生活に欠かすことができない歯を丈夫にする上でも欠かせません。ビタミンDを多く含む代表的な食べ物の一つが魚です。

しかし、現代は魚離れの時代と言っても過言ではなく、通常なら毎日魚を食べる事が望ましいのですが、なかなか難しい現状です。食の欧米化が進み、10年前までは魚の摂取量の方が肉の摂取量の方が高かったです。

けれども現代はそれが逆転しており、積極的に意識してビタミンDを補う事が求められます。

特集記事

  1. 青年期

    青年期で歯に悪いおやつは?
  2. 幼年期

    幼年期で乳児のときに行う歯のケアは?
  3. 老年期

    老年期におけるビタミンAの役割とは?
  4. 幼年期

    幼年期におけるビタミンDの役割とは?
  5. 幼年期

    幼年期で歯に悪い食べ物は?
PAGE TOP