幼年期

幼年期で歯に悪い飲み物は?

子供の幼年期といえばまだ体が出来上がっておらず、外からの栄養や環境にとても左右されやすい時期です。

とくに乳歯のあと生えてくる永久歯は死ぬまで使用する大切なものですから、幼年期から歯を大切にした食事をすることがとても重要であると言えます。

とくに飲み物の中でも、コーラなどが「歯が溶ける」と噂されていますが必ずしも炭酸飲料が悪いわけではありません。飲料に含まれる砂糖の量が問題であって、この甘い味に慣れてしまうと大人になってもガブガブ清涼飲料を飲むようになり、成人病などの危険も出てきます。

甘い飲み物全般は歯にはもちろん全身にとって良くないことが多いため、人工甘味料で甘みを代用したりするといった工夫が必要です。

特集記事

関連リンク

  • 食べごち

    ご馳走のお取り寄せなら【食べごち】を見てみましょう。店主がこだわり抜いた極上のお肉やお魚、野菜やスイーツまで、幅広くラインナップされています。特別な日を最高のご馳走で彩ることで、忘れられない一日になりますよ!

    tabegochi.com/

  1. 壮年期

    壮年期におけるビタミンAの役割とは?
  2. 老年期

    老年期における歯のケアは?
  3. 幼年期

    幼年期で歯に悪いおやつは?
  4. 老年期

    老年期におけるビタミンDの役割とは?
  5. 壮年期

    壮年期で歯に良いおやつは?
PAGE TOP