青年期

青年期におけるビタミンCの役割とは?

ビタミンCは主に美容などに良いとされていますが、実は歯にもとても良い成分だということをご存知ですか?

ビタミンCが不足すると起きる症状としては歯茎から出血しやすくなる、歯がぐらついたり抜けたりする、などが挙げられます。ではなぜ、そのようなことが起こるのでしょうか。ビタミンCにはコラーゲンの合成を促進する効果があります。

そしてこの効果によって、壊れたコラーゲン線維の再生を促し歯茎を健康に保ってくれるのです。しかし、ビタミンCを摂取する際には注意する必要があります。柑橘系の食べ物はエナメル質をやわらかくしてしまうため1日に1個程度が目安となります。

青年期から歯の健康に気を付けることはとても重要なことなので、ビタミンCを積極的に摂取しましょう。

特集記事

関連リンク

  • テーラーメイド治療

    福岡天神がんクリニックでは、患者さん一人一人に寄り添ったテーラーメイド治療の提供を行っています。がん種ごとに対応可能な先進的治療方法で、今のライフスタイルを保ちながら取り組めるがん治療を行っています。お悩みの方、気軽に相談してみて下さいね。

    tenjin-cc.net/

  1. 壮年期

    壮年期で歯に悪いおやつは?
  2. 青年期

    青年期におけるビタミンCの役割とは?
  3. 壮年期

    壮年期におけるビタミンDの役割とは?
  4. 青年期

    青年期におけるホワイトニング方法とは?
  5. 幼年期

    幼年期におけるビタミンCの役割とは?
PAGE TOP