青年期

青年期で歯の病気にかかりやすい年齢とは?

13歳から20歳までの青年期は、歯を磨く習慣もつき虫歯になりにくい時期と言えます。

けれども、この時期は思春期にもあたり、18歳頃まではホルモンバランスが大きく変わります。この時期は、ホルモンの関係で歯茎が腫れやすいので歯周病にかかりやすいので注意が必要です。

この病気は年を取ってからかかる病気だと多くの人が思っていますが、10代という青年期でもほとんどの人がかかる病気です。きちんと磨いていれば、腫れを抑えることはできるので、毎日の習慣としてお口の中のケアを取り入れましょう。

歯ブラシはもちろんですが、デンタルフロスなどの補助具を使うことでお口の中全体をきれいにして、健康な状態を維持することができます。

特集記事

関連リンク

  • 防ダニ寝具

    防ダニ寝具はミクロガード。テイジンが開発したミクロガードはダニだけでなくダニの死骸・そしてダニのフンまでシャットアウト。アレルギーの原因ともなるダニ対策、家族のためにもミクロガードに寝具を変えませんか?

    www.micro-guard-online.biz/

  1. 青年期

    青年期におけるタンパク質の役割とは?
  2. 幼年期

    幼年期における健康的な歯の作り方は?
  3. 児童期

    児童期におけるタンパク質の役割とは?
  4. 壮年期

    壮年期で歯に悪い生活習慣は?
  5. 幼年期

    幼年期におけるタンパク質の役割とは?
PAGE TOP