幼年期

幼年期でお母さんがすべきこととは?

一般的に幼年期の子供の虫歯菌は、そばにいるお母さんやお父さんなどの身近な大人から移るといわれています。

その仕組みとしてはコップや箸などの食器類を共有したり、大人が噛み砕いたものをそのまま与えたり、愛情表現としてキスをすることでも移ります。このような大人からの感染を防ぐためには、お母さんの口の中の虫歯菌を減らしておくことが重要で、日ごろからメンテナンスに努めることが大切です。

またお菓子を与えておけば静かになるからといって、ちょこちょこと食べ物を与え続けているお母さんも多いことでしょう。ジュースやスポーツドリンクをお茶代わりに飲んだりしていると、虫歯のリスクを高める一方となります。

食事やおやつに関しては時間をきめて、だらだらと食べ続けることははやめましょう。

特集記事

関連リンク

  • ドライバー派遣

    ドライバーになりませんか?ドライバーはプライベートな時間が大変多いお仕事です。ですので、煩わしい人間関係がありません。ライフスタイルを重視した働き方もできちゃいます。これからは自分を大事に働きたい、という方はぜひチェックされてみて下さいね!

    www.driver-haken.com/

  1. 青年期

    青年期における口臭ケアとは?
  2. 壮年期

    壮年期で乳児のときに気を付けたいこととは?
  3. 青年期

    青年期におけるビタミンDの役割とは?
  4. 壮年期

    壮年期における健康的な歯の作り方は?
  5. 壮年期

    壮年期におけるビタミンAの役割とは?
PAGE TOP