青年期

青年期でなりやすい歯の病気は?

青年期は幼年期よりも対する抵抗力がでてきます。唾液の中に含まれている成分が歯の表面を硬くして抵抗力を強めるからです。

しかしそれとは裏腹に、そのころになると別の問題が生じてきます。つまり歯周病が少しずつでてくるようになります。じつは成人の75%がこの病気に侵されているといわれています。

はじめは歯石がたまったりして炎症がでてくるのですが、そのうちに歯肉炎になり炎症がより深いところにも起こってきます。それでも青年期のときにはまだ治療を適切にうけることによって症状が軽くなったり、悪化しないように食い止めることができます。

そのためには、歯医者さんに定期的に通う必要があります。さらには1年に一度というよりも持続して通うことが必要です。

特集記事

関連リンク

  • 飲食業界 アプリ

    店舗で使えるクーポンやポイントカードを、店舗アプリを使って電子化しませんか?900社以上の効果実績から得た、売り上げUPに必要なものをすべて詰め込んだアプリで、きっとお店の売り上げUPやリピーター獲得にひと役買ってくれるはずです。

    tenpoapp.com/

  1. 老年期

    老年期におけるリンの役割とは?
  2. 老年期

    老年期におけるビタミンDの役割とは?
  3. 幼年期

    幼年期におけるカルシウムの役割とは?
  4. 児童期

    児童期で咬み合わせが関係する年齢とは?
  5. 老年期

    老年期におけるホワイトニング方法とは?
PAGE TOP