幼年期

幼年期の乳臼歯の萌出期に気を付けたいこととは?

幼年期の歯はお母さんが注意してあげることが重要です。赤ちゃんが虫歯になる原因は家族から感染する場合が多くあります。

特に2歳半までは家族から感染する可能性が高くなります。この時期に感染すると一生虫歯菌が子供に住みついてしまいます。小さい子供の口腔ケアは家族口腔ケアに結びつきます。

孫を見るとあまりの可愛さに抱っこして口移しで大人が一度口に入れたものを与えると赤ちゃんは虫歯にかかってしまいます。あまりの可愛さのために赤ちゃんに喜んでもらいたいと思ってやったことが、結果として赤ちゃんの虫歯を増やすことになります。

赤ちゃんに対する心配りは可愛さだけの感情的にならず、可愛さに妥協をしない強い気持ちと知識が必要です。

特集記事

関連リンク

  • 激安家具 通販

    日本最大級の激安家具・インテリア通販のモダンデコならあなたの探している家具・インテリアが見つかるはず!モダンデコは通販だからこその家具・インテリアの価格で高品質な商品をお届けいたします。家具・インテリアの通販ならモダンデコで決まり!

    www.modern-deco.jp/

  1. 児童期

    児童期におけるリンの役割とは?
  2. 青年期

    青年期で歯に良い食べ物は?
  3. 児童期

    児童期で虫歯にならないポイントとは?
  4. 老年期

    老年期で歯に悪いおやつは?
  5. 幼年期

    幼年期で歯に良い食べ物は?
PAGE TOP