幼年期

幼年期で歯並びを整えるコツとは?

コツは食べるときによく噛むことです。よく噛むことで上下のあごの骨や顔の筋肉が発達して強い顎をつくることで通常生えるはずのものが予定通りに生えそろいます。

永久歯は乳歯より大きいので幼年期のころからこのことを習慣づけておかなければ大人になった時にきれいな歯並びにはなりません。この行為はほかにもたくさんのメリットがあります。

よく噛むことで消化、吸収を助け胃に負担をかけません。それに唾液がたくさんでて口のなかを清潔に保ち虫歯予防にもなります。そして、頭の骨や筋肉が動き血液の循環をよくして脳の働きを活性化させます。このように歯並びをよくするために実践することが健康的な体作りにもつながり一石二鳥です。

だから、幼年期のころからよく噛むことを意識することが大切なのです。

特集記事

関連リンク

  • 赤帽トップ運送

    鹿児島県の方で引っ越し業者をお探しの方は、赤帽トップ運送にお任せしてみませんか?引っ越しのときに出る不用品処分も行うので、手間がかからずに引っ越しが可能です!また、赤帽トップ運送のトラックに同乗して引っ越しができるので、交通費も節約できます!

    www.akabou-top.com/

  1. 幼年期

    幼年期におけるビタミンAの役割とは?
  2. 青年期

    青年期における健康的な歯の作り方は?
  3. 老年期

    老年期における健康的な歯の作り方は?
  4. 児童期

    児童期におけるタンパク質の役割とは?
  5. 老年期

    老年期で歯に悪い生活習慣は?
PAGE TOP