幼年期

幼年期におけるビタミンAの役割とは?

幼年期におけるビタミンAの歯に対する役割として、ちょっとやそっとでは砕けることの無い頑丈な歯を作る手助けをしてくれます。

それにはカルシウムの他にタンパク質とビタミンを適量摂る必要があります。細菌やばい菌から強いものになるので歯周病予防としても最適の栄養素と言えます。また、この表面をコーティングしているエナメル質の形成に役立っています。

歯磨きをすればするほど食べ残しなどの汚れは限りなくゼロに近くなりますが、その一方で細菌やばい菌から守ってくれる貴重なエナメル質を必要以上に削ってしまいます。歯を磨くと言うこと自体が研磨行為なのでやりすぎは問題です。

ビタミンAはこどもがそれを間違えてしすぎてしまってもエナメル質を形成してくれるので安心できます。

特集記事

関連リンク

  • クリアジーノ 通販

    クリアジーノのウォッシュリフトビオには”美肌菌”成分「ラ・フローラ」と米ぬか由来の「イノシトール」が配合。肌の常在菌のバランスを整えながら、皮脂の分泌量をちょうどよく調節してくれます。乾燥肌・脂性肌にお悩みの方に。

    www.bp-direct.jp/

  1. 幼年期

    幼年期で歯に良い飲み物は?
  2. 壮年期

    壮年期で歯に良い飲み物は?
  3. 児童期

    児童期におけるタンパク質の役割とは?
  4. 児童期

    児童期で歯に良いおやつは?
  5. 児童期

    児童期におけるビタミンCの役割とは?
PAGE TOP