幼年期

幼年期におけるビタミンDの役割とは?

骨や歯の形成にはカルシウムが必要不可欠ですが、その吸収にはビタミンDが大きくかかわっています。

ビタミンDは食べ物から十分な量を摂取するのが難しい栄養素ですが、日光を浴びることで十分に体内で合成することが出来ます。食品では野菜ではなくきのこなどに配合されています。

幼年期には歯や骨の発育は未熟ですので十分なビタミンDの摂取が推奨されています。しかし摂りすぎも過剰摂取となりますので適度な摂取が理想的です。幼年期の歯や骨の成長にはカルシウムが必要ですが、それをサポートするためには日光浴が効果的です。

そのため赤ちゃんの時から適度な日光浴が推奨されていますので、紫外線を上手にカバーしながら行うと良いでしょう。

特集記事

関連リンク

  • 株式会社リンクメディカル

    株式会社リンクメディカル、リエゾンの訪問看護サービスを受け自宅で快適な生活を送ってみませんか?利用されるる方、ご家族の方共に寄り添いながら心のこもったケアを心がけ、安心した在宅生活が過ごせるお手伝いをしています。ぜひご利用ください。

    www.liaison-homonkango.com/

  1. 青年期

    青年期で歯並びを整えるコツとは?
  2. 幼年期

    幼年期の乳臼歯の萌出期に気を付けたいこととは?
  3. 児童期

    児童期で永久歯が生え揃う年齢は?
  4. 壮年期

    壮年期におけるカルシウムの役割とは?
  5. 幼年期

    幼年期におけるビタミンDの役割とは?
PAGE TOP