老年期

老年期におけるビタミンDの役割とは?

ビタミンDは骨の代謝を正常に保つために大切な成分なので、頑丈な体を維持するだけでなく骨と同じ成分で構成されている歯を保つためにもしっかり摂取することが望ましいとされています。

特に老年期になると骨密度が下がってきて、骨折しやすくなったり体が弱くなるので、一生自分の歯で噛みたいなら普段からビタミンDを意識して食事をしましょう。

女性は骨粗しょう症など骨の病気にかかりやすいので、老年期になったら歯を維持するためにもサプリメントを活用したり、ビタミンDが添加されている牛乳を飲んだりするのがおすすめです。

高齢者の8割はビタミンDが不足していると言われているので、丈夫な骨や歯、筋肉を作るためにきちんと摂取することが必要です。

特集記事

関連リンク

  • バルコニー

    バルコニーを活用した生活を始めませんか?バルコニータイルのクレガーレ特設サイトではバルコニータイルを敷いてバルコニーをおしゃれに活用するアイデアやバルコニーのお手入れなどバルコニーのある生活を御提案しています。バルコニーのある生活をして今よりもゆとりのある生活を始めませんか?

    www.eslontimes.com/

  1. 児童期

    児童期で永久歯が生え揃う年齢は?
  2. 老年期

    老年期における歯のケアは?
  3. 幼年期

    幼年期におけるビタミンCの役割とは?
  4. 児童期

    児童期で歯に良い飲み物は?
  5. 幼年期

    幼年期におけるビタミンDの役割とは?
PAGE TOP