幼年期

幼年期で歯に良い生活習慣は?

幼年期で歯に良い生活習慣はいくつかあります。まず一つ目は「食後に磨くこと」です。食事をした後の口は酸性になっています。酸性になっていると虫歯になりやすくなってしまうため、食後に磨く習慣を身につけると良いでしょう。

二つ目は「朝起きた後に磨くこと」です。朝起きた後の口の中はネバネバしています。口の中をさっぱりさせるために起きた後に磨くようにし、出来ることなら朝食後にもう一度歯磨きをすると良いでしょう。

三つ目は「外出先で磨けない時は口をゆすぐ」ことです。外出先で磨くことが出来ない時は口をゆすぐようにし、外でお菓子などを食べた後も口の中をきれいにするという習慣をつけるようにしましょう。

四つ目は大人のスプーンや箸で食べないようにし、子供は子供専用のスプーンや箸を使うようにする習慣を身につけましょう。生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌はいませんが、大人のスプーンや箸を共有すると唾液を介して虫歯菌が子供に感染します。そのため子供には子供専用のスプーンや箸を使うようにすると良いでしょう。

特集記事

関連リンク

  • 危機管理

    危機管理できていますか?「危機」に備えるセミナーなどを行っております。また、謝罪会見などでのアドバイスも。準備を行うから安心できます。ぜひ安心してお仕事をなさってください。

    www.kyodo-pr.co.jp/

  1. 老年期

    老年期のときに行う歯のケアとは?
  2. 幼年期

    幼年期の乳臼歯の萌出期に気を付けたいこととは?
  3. 壮年期

    壮年期で歯に良い飲み物は?
  4. 児童期

    児童期におけるブラッシングのコツとは?
  5. 幼年期

    幼年期の永久歯の萌出期に気を付けたいこととは?
PAGE TOP